TOEFL満点保持者が教える 片手間でTOEFL CBT280点とれた方法

TOEFL満点保持者が教える 片手間でTOEFL CBT280点とれた方法




日本人には、知力や英語力のわりにTOEFLスコアが低い人たちが多いという印象を私はいつも持っていました。
スコア不足のために、不合格になったり、奨学金を減額されたりする人がいることはとても残念なことです。
特に、MBAやLLMが取得できれば、生涯賃金が数千万円以上増えることは珍しくないでしょう。
それを単なる英語試験のスコアの不足ために断念しなければならないとすれば、非常にもったいないことだと思います。
そのようなことがないようにと願って、私はこの冊子を執筆しました。
ただし、この冊子の目的は、
使用すべき参考書や問題集を網羅的にリストアップすること
ではなく、
頻出の文法事項を解説すること
でもなく、
ライティングですぐに使える表現を教えること
でもありません。
そういうことは、すでに多くの参考書や問題集が、一定水準以上の成果を収めていることです。
そうではなくて、この冊子の目的は次のようなことです。
1 どんな考え方をする人がTOEFLでハイスコアを取れるのか知ってもらうこと
2 TOEFLのハイスコアがそれほど大したことではない、と知ってもらうこと
です。
メンタル的なことやテクニック的なことはほとんど書かれていません。
TOEFLで実際に満点をとった経験から、どこをどのレベルまでやると満点になるか、どこはスコアアップにつながらないか、が書かれています。
また、いくつかの参考書について、自分ならこう使う、またはこう使った、逆に自分ならこうは使わない、というのも書いてあります。基本的な勉強の仕方などについては応用できることが多く含まれていると自負しておりますが、残念ながらまだiBTには完全に対応しておりません。
本格的にiBTに対応するのは2007年1月頃になると思います。
ちなみに、全体的なスコアは、スピーキングで大失敗しなければ、ETSが用意しているCBTとの換算表からそれほどはずれないようです。現在得られている情報からは以下のようになると思います。
1. iBTとCBTのリーディングの単語のレベルはほぼ同じ、ただし、iBTには内容を把握するのに影響ないところでやや難しい単語が現れることがある
この点についてはこのpdfファイルが対応できていると思います。
2. iBTは英文が圧倒的に長いので、問題文を先に見て文章の中からそれを「さがす」必要がある
これについては対応できていません。
3. ライティングの2問目はCBTのライティングと全く同じこの点についてはこのpdfファイルで対応できていると思います。
4. スピーキングは日本人には難関だが、そこそこ点数は取れるスピーキングを向上させる戦略についてはこのpdfで若干触れられています。

TOEFL満点保持者が教える 片手間でTOEFL CBT280点とれた方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。